豚肉の効果と効能。疲労回復が食べ方で疲労の元凶に!?

この記事は2分で読めます

豚肉と鶏肉と牛肉。

 

日本でもっともよく食べられているお肉の御三家ですね。

 

どれもおいしいのですが、中でも価格も味も栄養も私好みなのが豚肉です。

 

焼いても煮ても蒸してもおいしい豚肉には、

どんな健康効果があるのでしょうか?

 

実は豚肉は食べ方を間違えると疲労の元凶になるというのです。

 

今回はそんな豚肉の効果、効能についてまとめてみました。

 

豚肉が疲労の元凶に!?

 
豚肉の効果でよく知られているのは疲労回復です。

 

豚肉はビタミンB1の代表とも言われる食品で疲労回復や、

イライラを沈める作用に優れていると言われています。

 

ただし、一つ注意したいことがあります。

 

それは、豚肉を食べ過ぎると疲れやすい体にもなってしまうことです。

 

何だか相反しているように思えますが、

豚肉を食べ過ぎることで、体内にビンビン酸と言う疲労の元凶が発生します。

 

このビンビン酸は体の中の水素と結びつき疲労物質の乳酸に変わってしまうのです。

 

そのため食べ過ぎると疲れやすくなると言うことなのです。
 

スポンサーリンク


じゃあ豚肉はたくさん食べれないの??

 

実はこの疲れやすくなる症状に対してとても良い回避方法があります。

 

これを避けるための方法は、クエン酸を含んだ食品を豚肉と一緒に食べることです。

 

クエン酸を摂取することで、さきほどの疲労の元凶ビンビン酸がなんとクエン酸に変わるのです。

 

豚肉にレモンをかけて食べたりすると良いのです。

 

さらに豚肉の効果を高める二つの豆知識

 

豚肉と相性の良い野菜は多く、さまざまな野菜と炒めてもおいしいです。

 

特に、ニラや玉ねぎとの組み合わせは、おいしいだけではなく、

ビタミンB1の吸収が5倍以上高めるので、より健康に良くなるのです。

 

豚肉の脂のカロリーを気にする方も多くいますが、

そんな方は一度熱湯で湯どおししてから調理をするとかなりのカロリーダウンになります。

 

家計に嬉しい豚肉、クエン酸と一緒に積極的に食べて、

健康な毎日を過ごしたいですね。

 

豚肉に関連しまして、
豚肉+パイナップルの組み合わせってありますよね?
これにも実は健康効果が隠されているんです。

お肉食べたらパイナップルも!!ダイエットに期待大!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!