子供への声かけ方法がSNSで話題!声掛け変換表!

この記事は2分で読めます

声掛け変換表を知っていますか?

 

もともと発達障害のお子様に、伝える言葉を表にしたものから始まっています。

 

この変換表が通常の人間社会においても、

お互い気持ちよく生活をするために役に立つと言われ話題になっているんです。

 

普段何気なく発してしまう言葉に気を付けることで、言う側も言われる側もストレスが軽減して、

快適なコミュニケーションが図れるようになることから、うつの発症率が軽減されると期待もされています。

 

例文を見ると

なるほどー

と思うのでまずは例文を紹介します。

 

早くしなさい!を声掛け変換すると?

 
普段から良く聞く言葉で例を挙げてみたいと思います。

 

支度が遅い子供につい言ってしまうきつい口調で

『早くしなさい!』

 

よく言っているなと思う方も多いんじゃないでしょうか?

 

これを変換すると

『早く支度できたら、たくさん遊べるよ』

になります。

 

これは、早く支度をすることで生じるメリットを相手に伝えることで、

自らすすんで行動を早くするというもの。

 

同じことでもずいぶん印象が変わり、お互いピリピリしなくてすみそうですね。
 

スポンサーリンク


走るな!を声掛け変換すると?

 

走ってはいけない場所で走ることをやめない子供に対しては

『走るな!』

と言う方が多いのは当たり前ですね。

 

これは

『どうして走るの?』

と理由を聞いてから、

相手の理由に賛同した後に

『ここで走ると、よその迷惑になるし、危ないからやめてね、あとでたくさん走ろうね』

と伝えることで子供が納得してくれます。

 

つまり声掛け変換表とは

 

これらの変換表のポイントは、

相手の気持ちを考えて、どういわれたら相手が納得するか?を考えながら言葉を伝えることです。

 

このことにより、言われる側はもちろん、

伝える側のストレスも自然と軽減するとのこと。

 

これは、子供に対してだけではなく、

大人同士にも通用する言葉の変換表なのです。

 

忙しい毎日でつい相手の気持ちを考えずに発してしまう言葉がお互いのストレスにもなっています。

 

声掛け変換表を意識して、気持ちよくコミュニケーションを図りたいですね。

 

※ちなみにYahoo!やGoogleの画像で声掛け変換表と検索すると、例文がのった画像がたくさん出てきますので参考にして下さい。声掛け変換表リストを売る悪質なサイトもありますので、気をつけて下さい。

 

ストレスに関連しまして、

ストレス対策といえば最近話題の涙活!!
 

これの大事なポイント知っていますか?
大きい声で泣く!!意外と知らない涙活ポイント。

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!