爪の横線はストレスの証!?爪の色は○○の証!!

この記事は2分で読めます

毎日見ている爪が健康のバロメーターになるのを知っていますか?

 

爪と内臓は密接なかかわりがあり、

爪を見れば現状の健康状態が分かると言われているんです。

 

そう言えばお医者さんでも診察の時に爪を見る方もいますよね?

 

爪の状態でわかる健康チェック方法とはどのようなものでしょうか。

スポンサードリンク

爪に横線がある方

 

爪に横線が入っている方がいますが、

これはストレスによる自立神経の乱れや、亜鉛などの栄養不足からなっています。

 

そのほかにも、皮膚病や糖尿病の疑いもあるようなので、

爪に横線が見えたら注意が必要です。

 

ちなみに縦線は、加齢によるものがほとんどなので、特に気にすることもないようですが、

ダイエットなどで栄養不足などでも見られます。
 

スポンサーリンク


爪の色で健康状態が分かる!?

 

爪の色によっても、健康状態はわかります。

 

白っぽい色の場合は、貧血や肝臓病。

赤っぽい色の場合は、脳血栓や多血症。

黄色っぽい場合は、カロチン血症や爪の水虫。

黒紫っぽい場合は、悪性貧血や腎臓病、肝臓病や膠原病。

 

などそれぞれの疑いがあります。

 

爪の形でも健康状態が分かる!?

 

爪の形からも健康状態がわかります。

 

爪の中央がプクッと膨らんでいる方は、肺がんや心臓病などが疑われます。

 

逆に爪の中央が凹んでいて、爪先が反り返っている場合は、甲状腺機能亢進症が疑われます。

 

爪に点のような凹みがいくつもある場合には、乾癬などの皮膚炎が疑われます。

 

健康体の爪の状態はややピンク色で特に目立つ線などもありませんから、

自分の爪をよく見て違和感を感じたら早めに病院にいくことをおすすめします。

 

たかが爪、されど爪ということで毎日の爪チェックで健康長生きを目指しましょうね。

 

関連しまして、

爪は健康チェックできるだけあって、爪で病気の治療まで!?
こちらも以外な情報ですので気になった方は読んでみて下さい。
爪をマッサージするとどんな病気も治療⁉ 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!