加齢に伴う臭い..原因は中高年にありがちの食生活?

この記事は2分で読めます

満員電車やバスの中でも、どこからともなく不快なニオイがする時ありますね。

 

そう、加齢臭です。

 

加齢臭は30代後半から発生する何とも言えない独特な体臭です。

 

加齢臭と聞くと男性のイメージがありますが、

女性からも放つので注意をしたいですね。

 

こういった中高年の方が気になる臭いの対策や原因を

分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

加齢臭の原因

 

加齢臭の原因は、『ノネナール』と言う臭いの元。

 

これは、体内の脂肪酸と過酸化脂質が結びついて発生するニオイです。

 

体内の脂肪酸は偏った食事や不規則な生活、ストレスなどで増えます。

 

過酸化脂質とは、体内のコレステロールや中性脂肪が活性酸素により酸化したものとなります。

 

これらが体内で結合して加齢臭を発生させているのです。
なので、加齢臭のもと『ノネナール』を減少させることで、

気になるニオイを抑えることができます。
 

スポンサーリンク


加齢臭を抑える方法

 

まず体内の脂肪酸と過酸化脂質を減らすことが大切です。

 

脂肪酸は脂っぽい食事やアルコールなどで増えます。

 

つまり中高年にありがちな食生活が大問題!!

 

先ずは普段の食生活を見直すことが大切ですが、

これには3箇条の様なものがあります。

 

①肉より魚や野菜を多く摂りましょう。

 

一つ目はやはり魚、野菜を中心とした和食は健康に良いと言われており、

加齢臭にまで効果があるんです。

 

②脂っぽい食事やアルコールは気を付けましょう。

 

体内の過酸化脂質を抑えるには、

酸化のもととなるコレステロールや中性脂肪を減らすことも大事です。

 

③ビタミンやポリフェノールなどの抗酸化食品をたっぷりと食べましょう。

 

酸化自体を防ぐためには、必要な栄養です。

 

何気に辛い食事制限が多いですね。。。

 

しかし、加齢臭と食事を天秤にかけてみてください。

どちらを選ぶかはあなたの自由です。

 

食事制限以外で加齢臭を抑えたい方

 

ノネナールは首の後ろや耳元から分泌される特徴があります。

 

体を洗うときには、念入りに洗うように心がけるだけでも、

ある程度ニオイが治まると言われています。

 

最近ではルネナールを分解する成分なども開発され、

加齢臭に関する商品が増えています。

 
 

個人的な意見としては、

他の健康の為にも食生活を見直してほしいです。

 

が、ダイエットができない様に。

どうしても食事制限は厳しいといった方にはお勧めです。

 

関連しまして、

中高年くらいから始めるととても良い体操があるので、

興味がある方はこちらも読んでみて下さい。
パタカラ体操(運動)の効果とやり方は?たるみや高齢者の嚥下に!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!