仰向けvsうつ伏せvs横向き!寝る姿勢どれが良い?

この記事は2分で読めます

人によって寝る時の姿勢はさまざまですね。

 

あなたはどの姿勢で寝ていますか?

 

寝る姿勢は仰向け、うつ伏せ、横向きあたりだと思います。

 

実はこの姿勢による差は大きいです。

 

質の良い睡眠は、健康を維持するうえでも大切となり、

眠る姿勢によっても睡眠の質が異なると言われています。

 

今回はこの3つの寝る姿勢についてまとめました。

スポンサードリンク

仰向けで寝ている方

 

結論から言うと、

一番体に負担がなく健康作用が大きい寝方は仰向けになります。

 

血液がスムーズに全身を巡るので睡眠中、

細胞への栄養がしっかりと届けられるからです。

 

また仰向けで寝ると姿勢も良くなるので、

猫背や骨盤のゆがみも解消されやすくなるとのこと。

 

ただし、人によっては重力で舌が喉に下がってしまい、

いびきや呼吸困難などになってしまう方もいます。
 

スポンサーリンク


うつ伏せで寝ている方

 

うつぶせ寝で寝る方もなかにはいますね。

 

これは、睡眠時無呼吸症候群の方やいびきで悩む方にはおすすめの寝姿勢です。

 

ただし、うつ伏せ寝は体全体の重みがお腹や肋骨に負担となるため、

横隔膜を圧迫してスムーズな呼吸ができなくなります。

 

また、うつ伏せの姿勢は腰が反りやすくなるため腰にも負担がかかります。

 

横向きで寝ている方

 

横向きで寝る方も少なくありませんね。

 

東洋医学では、胃から小腸や大腸などへの出口は右に向いているので、

食べ過ぎた時や胃腸の調子が悪い時などは、右側を下に向けて横になると楽になると言われています。

 

また、妊婦は左側を下に向けて寝ることで、胎児への栄養補給がスムーズになります。

 

ただし、毎日横向きの姿勢で寝ると、骨盤のゆがみにつながり、腰痛や肩凝り原因にもなります。

 

 

このように見てみると一番体への負担が少ないのは仰向け寝のようですが、

多くの専門家は、自分が楽だと思う姿勢で寝るのがストレスがなく、もっとも質の良い睡眠がとれるとも言っています。

 

睡眠に関連しまして、

姿勢のそれぞれの良さは分かりましたが、肝心の睡眠時間はどうでしょうか?
年齢別で必要な睡眠時間が違う!?貴方は何時間?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!