女性は腹囲90cmでメタボ?痩せてるのにメタボ?

この記事は2分で読めます

近年、日本人に増えているのが生活習慣病です。

 

内蔵脂肪が増え、動脈硬化が進むことで脳疾患や心疾患のリスクが高まります。

 

内臓脂肪の多いメタボリックシンドロームは生活習慣病を引き起こす原因になるのです。

 

今回は「メタボは関係なんか関係ない」と思っている人にも読んでもらいたくまとめてみました。

 

スポンサードリンク

隠れメタボ

 

最近では、隠れメタボといって細い人でも知らないうちにメタボリックシンドロームになっている可能性があるので、

若い女性もメタボには注意が必要になります。

 

まだ若いし関係ない、と思う人も多いと思いますが、

若い間の生活、食習慣でこの生活習慣病になるリスクを回避出来るのです。

 

メタボ診断というと腹囲に注目が集まりがちですが、細い女性でもメタボになっている可能性があるといいます。

 

女性の場合、腹囲90センチ以上はメタボと診断されます。

 

また、腹囲は90センチなくても、血圧と血糖値、脂質が正常範囲を超えていると隠れメタボと診断されるのです。
 

スポンサーリンク


メタボになっている人の典型的な例

 

甘いものが好きな人は、知らないうちにコレステロール値や血糖値が上がっています。

 

お酒を飲まなくても偏った食生活を続けていると、内臓脂肪を蓄積させてしまう原因になるのです。

 

元々筋肉量が少ない女性は極端な食事制限を行うと、更に筋肉量が低下し隠れ肥満になってしまうことが多々あります。

 

皮下脂肪が少なくとも、内臓の周りに脂肪がついてしまうこともあるでしょう。

 

メタボにならない為には、バランスの良い食生活と適度な運動が必要です。

 

野菜を意識的に食べたり、歩く習慣を手に入れたりすることで、メタボリスクを回避出来るでしょう。

 

関連しまして、
日向琴子さんのダイエットを知っていますか?
芸能人の人は皆さんすごいですねー
日向琴子は結婚してる?モデルなのにお腹が出ちゃう?

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!