30代の健康習慣。一番最初にとるべき食べ物は?

この記事は2分で読めます

仕事に、プライベートに日々忙しい

アラサー、アラフォー女子といわれる方もいらっしゃいます。

 

なんとなく目覚めが悪い、疲れが抜けにくくなったなどの

慢性的な疲れを感じていませんか?

 

体の疲れは健康に害を及ぼすだけでなく、

美容にも悪影響を及ぼします。

 

皆さんが感じ始める体の異変に

どう対処すべきかまとめてみました。

スポンサードリンク

30代のサイン

 

30代の慢性的な疲れのサインは、

肌荒れや肌のくすみ、髪の毛のパサつき、肩コリや腰痛、むくみ、便秘

など数えきれないほどさまざまな症状として現れます。

 

疲れのせいで実際より老けて見られてしまうのは嫌なものです。

 

30代に入るとこういった疲れの症状を少しずつ感じるようになります。

 

筋肉量も落ち始める時期なので、疲れが残りやすくなってしまうのです。

 

疲れを感じると全てが悪循環になる為、

一番最初にやるべき対策は疲労回復です!
 

スポンサーリンク


疲労回復ができる体作り

 

お酢や梅干しなどの酸っぱい食べ物は

クエン酸が豊富なので、疲労回復に効果的です。

 

クエン酸は、疲れの素である体内の乳酸を除去してくれます。

 

お酢の中でも黒酢は、新陳代謝も活発にしてくれるので、

ダイエット効果まで期待出来るのです。

 

疲れたな…と感じたら普段の料理にお酢をプラスしてみると良いでしょう。
クエン酸は、健康維持はもちろんのことですが、

美肌効果も期待できるので健康と美を両方手に入れたい

欲張りな女性にはぴったりな食事なのです。

 

食べ物でとるのが理想ですが、

酸っぱいものが苦手な人は サプリでとるのがお勧めです。
 

 

また、人は寝ている間に細胞の修復を行います。

 

疲れやすくなった、疲れが溜まっていると感じたらいつもより早めにベッドに入るよう心がけましょう。

 

疲れはその日の内にリセットしてしまう事が大切です。

 

疲れが抜けないと感じるようであれば、

バランスの良い食事と睡眠をたっぷりとることを心掛けましょう。

 

関連しまして、

疲労回復と言えば梅ですね。
個人的にに好きな梅ジュースですが、効果が高いので紹介します。

梅ジュースにはダイエットや美肌効果が?夏バテ予防にもなる?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!