リンゴを毎日食べたくなるビックリ効果!○○予防!?

この記事は2分で読めます

毎日の健康対策は何をしていますか?

と聞かれたら皆さんは何て答えますか?

 

食生活や運動など、最近ではさまざまな健康法がテレビや雑誌などで紹介されていて、

いろいろと試したくなりますね。

 

そんななか、ブームにとらわれずに変わらぬ人気の健康法があるのです。

 

ズバリ!1日1個のリンゴ健康法です。

今回はリンゴの効果について紹介します。

スポンサードリンク

果物No1!リンゴの○○予防効果

 

リンゴは4000年前からある果物で、

地球上でもっとも歴史のある食べ物とも言われています。

 

その歴史を築くうちに、いつしか1日1個のリンゴを食べれば病気にならないと言われるくらい、

リンゴのすぐれた健康効果が認められるようになったのです。

 

そこで毎日タバコを吸っている方は特に注目!!

 

tabako_kitsuen
 

リンゴには多くの栄養効果がありますが、

なかでも注目されているのが、ガン予防です。

 

ある研究で野菜と果物のガンに対する予防効果を調査したところ、

肺がんに対しての予防効果が一番高いのはリンゴでした。

 

また肺がんだけでなく、ほかのガン細胞の増殖防止にも効果があることが証明されています。
 

スポンサーリンク


まだまだあるリンゴの効果

 

現代人特有の生活習慣病にもリンゴは有効です。

 

リンゴに含まれるペクチンがコレステロールを下げて動脈硬化を予防することから、

心筋梗塞や脳卒中などの予防にも役立つとされています。

 

さらには、血圧を下げることも知られていて、リンゴで有名な青森県民の高血圧人口がきわめて低いのも、

リンゴを常に食べているからということが結果としてわかっています。

 

このほかにも、気管支を丈夫にしたり、風邪を予防したり、肥満を防止したりと、

体に良いことだらけのリンゴです。

 

リンゴを食べるなら、皮まで食べると効果がより高くなるので、

きれいに洗ってそのままかぶりつきましょう。

 

また、焼きリンゴやアップルパイなどにしても甘味が増しておいしく頂けますよね。

 

関連しまして、

リンゴとはいえ太るんじゃないの?と思う方が多いそうです。
ほんとのところどうなんでしょうか?
りんごはカロリーが高いから夜食べると太る!?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!