パンパンなむくみ。大事なのはその日の内に解消!

この記事は2分で読めます

多くの女性が悩んでいることの一つに

『むくみ』

の症状が挙げられます。

 

夕方になると、パンプスがパンパンできつくなったり、

入らなくなったりした経験をしたことがありませんか?

 

むくみを放っておくと、むくんだ場所に脂肪が定着したり、たるんだりする原因になるので

むくみを感じたら早急に解消するように心がけましょう。

 

スポンサードリンク

むくみになる4つの原因

 

①塩分の摂取過多

 

仕事が忙しいとインスタント食品やコンビニ弁当、外食

をすることが多くなっていませんか?

 

そうなるとどうしても塩分が多くなりがちです。

 

塩分の影響で血管内の水分が血管の外に出てしまうことでむくみが生じます。

 

②長時間同じ姿勢を続ける事

 

事務などの仕事をしている人は、

ずっと同じ姿勢でパソコンを眺めているのではないでしょうか?

 

これも血流が悪くなり、同じ場所に水分がたまりむくみが生じるのです。

 

③筋肉量低下、運動不足

 

30代を過ぎ筋肉量が落ちていくこと、運動不足であることもむくみの原因です。

 

血流が悪くなる上、新陳代謝が落ちるので、

むくみやすくなってしまいます。

 

④生理前

 

女性特有ですが、ホルモンバランスの影響で

生理前にむくみの症状が出やすい人もいます。
 

スポンサーリンク


むくみの予防

 

4つの原因を無くせば良いので

バランスの良い食生活と適度な運動を心がけることでむくみは予防できます。

 

それでもむくんでしまった時は、

お風呂にゆっくり浸かったり、マッサージして血液とリンパの流れを良くしたりしましょう。

 

むくみは放っておかないことが大切です。

 

また、一過性のむくみではなく慢性的に体がむくんでいる場合は、

何らかの病気が潜んでいる可能性があります。

 

心臓や腎臓、甲状腺などは、病気の症状としてむくみが出るので、

慢性的な場合は医師の診断を仰ぎましょう。

 

関連しまして、

 

多くの人が気になる健康の悩みはオメガ3脂肪酸が解消!?

知っておいて損はないので読んでみて下さい。
オメガ3脂肪酸はニキビやうつなどダイエット以外にも効果あり?

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!