グレープシードオイルって!?オリーブとの違いは?

この記事は2分で読めます

健康と美容に良いと言われる植物性オイル。

 

特に人気となっているのが、
オリーブオイルとグレープシードオイルです。

 

オリーブオイルはほとんどの人がご存じだと思いますが、

グレープシードオイルって何?

と思う人も多いでしょう。

 

この2つ、似ているようですが果たして違いはあるのでしょうか?

今回はオリーブオイルとグレープシードオイルの違いについてまとめました。

スポンサードリンク

オリーブオイル

 

オリーブオイルといえばこういうものです。

普段使われている方も多いと思います。

 
 

オリーブオイルはオリーブから抽出された油で、

オレイン酸の含有量が高いことで知られています。

 

オレイン酸とは、体内でも作られる脂肪酸で体にとって有害なコレステロールを減らして、

有益なコレステロールを増やす作用があります。

 

これによって、老化防止や脂質異常症などの予防、改善に効果をもたらします。

 

またオリーブオイルは熱に強く、180度以上になっても酸化しないので、

生で摂取するほかにも炒め物などにも最適です。

 

では、グレープシードオイルはどうでしょう。

 

スポンサーリンク

グレープシードオイル

 

対しまして、グレープシードオイルはこんな感じです。

 
 

人気のものは売り切れが多かったりします。

ではどんな特徴があるでしょうか?

 

グレープシードオイルは、ブドウから抽出された油です

これには、リノール酸が多く含まれています。

 

リノール酸はオレイン酸と同じく悪玉コレステロールを減らす作用のほかに

血圧を下げる作用でも知られています。

 

また、ポリフェノールやビタミンEがオリーブオイルの2倍含まれているので、

血行促進や細胞の酸化防止にも優れた効果を発揮します。

 

グレープシードオイルの弱点

 

グレープシードオイルには熱に弱いと言う弱点があります。

 

150度以上になると酸化をしてしまい、過酸化脂質となってしまいます。

 

ですから、生で摂取したほうが安全ですね。

もちろん調理に使うのも全然ありです。

 

このように、2つのオイルには多少の違いはあるものの、

体への健康作用はどちらもあります。

 

両者とも油ですので、摂り過ぎればカロリーオーバーになり、肥満の原因になります。

 

くれぐれも摂り過ぎには注意して賢く健康管理をしたいですね。

 

 

関連しまして、

サマンサタバサで人気になったミランダ・カーさん

もあるオイルを使っているようです。
サマンサタバサで話題!ミランダカー愛用オイル紹介

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!