色の白いは七難隠す!日傘で紫外線対策で色白に! 

この記事は3分で読めます

色の白いは七難隠す!!

 

この言葉を
聞いたことありますか?

 

肌が色い人は欠点も隠れて、美しく見える
という意味です。

 

こんな言葉があるだけあり、

近年の美白ブームで、紫外線対策を一年中怠らない人も増えてきましたね。

 

皆さん紫外線対策グッズは何を使っていますか?

 

hiyake_goods
 

色んなアイテムがあり、全て重要ですが

今回は日傘の選び方についてまとめました。

スポンサードリンク

日傘の色は何が良い?

 日傘を見た目で選んでいませんか?

 

日傘はオシャレなものが多く、

見た目で人気がでやすいです。

 

しかし、肝心の目的を忘れてはいけません。

当然目的は紫外線体躯です!!

 

例えば

当たり前ですが、小さくて可愛らしい

穴の開いたレースデザインは紫外線防止には適していません。

 
 

もちろん何もしないよりは圧倒的に良いですし、

デートでより可愛いものが良い!

という日に使用するのも良いと思います。

 

ではどういう日傘が良いでしょうか?

 

ますは日傘の色別の特徴を紹介します。

 

黒 :紫外線を吸収する

白:反射させて紫外線カットする

→ 黒の方が紫外線対策向き

 

淡い:紫外線カットが少ない

濃い:紫外線カットが多い

→濃い色の方が紫外線対策向き

 

ただし、UVカット加工がついている日傘は

色の違いに差はありません。

 

しかし、これにも落とし穴が??
 

UVカット日傘の落とし穴!!

UVカット加工がついている日傘だから大丈夫!!

というわけではありません。

 

実はこれには二つ

注意しなければいけないことがあります。

 

①UVカット加工の寿命

UVカット加工の寿命は意外と短く、

しっかりと保管して3年です。

 

濡れた傘はちゃんと干して、

その後は暗い場所で保管して下さい。

 

黒のポリエステル素材のものなら

UVカット加工がなくなっても紫外線カット率は90%は超えます。

 

②紫外線の反射

実は紫外線は反射して下からも当たります。

 

つまり日傘の内側は黒色であることが大事です。
まとめると

ラージサイズでUV加工付きの黒ポリエステル素材の日傘

が紫外線対策には良いということになります。

 
 

スポンサーリンク


紫外線対策の大切さについて

日傘をさしたり、クリームをぬったり面倒ですよね?

 

なぜ紫外線対策が大事か。

紫外線の怖さを知り年中対策mのモチベーションをあげることが大事です。

 

紫外線にはA波、B波の2種類があります。

 

紫外線A波は、肌の奥のコラーゲンなどを破壊するため、肌老化に関係の深い紫外線です。

若々しい肌を保つには、この紫外線A波をいかに防げるかが重要になります。

 

紫外線B波は、肌を黒くしたり、シミやソバカスを作ったりする紫外線です。

レジャー紫外線とも呼ばれ、7月から9月にかけて多く降り注いでいます。

白い肌を保つには、この紫外線B波の対策が必要です。

 

紫外線対策の時期

地上に降り注ぐ紫外線量は3月の末から急増します。

 

さらに春先は、冬場の乾燥の影響で、紫外線ダメージが肌の奥まで侵入しやすいので、

乾燥対策と紫外線対策の両方が必要になります。

 

紫外線A波は夏の終わり頃と同量降り注ぐので、

春先から紫外線対策をすることが美肌を保つ秘訣です。

 

ただし、紫外線に当たると歯や骨を強くするビタミンDが作られるので、

適度な日光浴は健康を保つために欠かせません。

 

1日に10分程度皮膚に直接日光が当たるように過ごしましょう。

それ以上は肌にダメージが加わってしまうので、長時間屋外に出る時は紫外線対策をしっかり行いましょう。

 

紫外線A波、B波ともに、一年中地上に降り注いでいることを頭に入れておくのが大切です。

 

色の白いは七難隠すと言われるように、
透き通るように白い肌は、女性らしさや可愛さ、綺麗さの象徴でもあります。

 

日傘をさして色白美人を目指して下さいね。

 

関連しまして、

紫外線対策も大事ですが、
紫外線アレルギーは大丈夫ですか?
紫外線アレルギーの診断は何科?予防や漢方での治療は?

 

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!