大人喘息の症状と原因は?発作の改善や治療は何科に行けばいい?

この記事は2分で読めます

喘息は子供の頃にかかる病気・・・

そういうイメージですが

近年どんどん大人喘息が増えています。

 

子供の喘息より治りにくいと言われていますし、

今後も増えていくことが予想されます。

 

今回はそんな大人喘息について

いろいろとまとめてみました。

スポンサードリンク

大人喘息の原因は?

大人の約3%の人が

大人喘息にかかっているといいます。

 

症状自体は

咳が続いたり、呼吸の時に「ヒューヒュー」したりなど

子供の喘息とほぼ変わりません。

 

しかし、原因は子供と大人によって違うことがあります。

 

子供の喘息の場合は、遺伝などもありますし

多くはアレルギーに原因があるとされています。

 

しかし、大人喘息の場合は

「これだ!」と明確な原因が分からないことがほとんど。

 

原因を挙げてみると、

アレルギー(ハウスダスト、ダニ、ペット、花粉)もありますが

kin_kabi
そうではないこともあります。

 

例えば、

・風邪による感染症

・ストレス

・煙

・運動

などです。
 

スポンサーリンク


発作の治療は何科に行けばいい?

大人喘息が疑われる場合、

病院は何科を受診すればいいのでしょうか?

 

ここで内科にいってしまうと、

ただの風邪と診断されて

効かない薬を飲み続けることになりかもしれません。

 

なので、呼吸器科に行きましょう。

 

とは言っても、風邪なのか喘息なのか

分からない場合もありますよね。

 

そういう場合は、まず風邪薬などを飲んでみて

咳が止まらない場合に呼吸器科に行くのが良いかと思います。

 

呼吸が「ヒューヒュー」する場合などは、

すぐに呼吸器科に行くといいでしょう。

 

そもそも治るの?

実は、大人喘息って治りにくいんですよね。

 

私は子供の頃から喘息で、

今でも風邪になると再発しますが・・・

 

私の場合は再発したら吸入器で治します。

でも、吸入器が家にある人は少ないのではないでしょうか?

 

最近は喘息を抑える漢方などもあるようです。
まぁ私は吸入器が一番だと思いますが、

効果はあるようなので試してみるのもいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!