冷房病の症状には発熱やめまいも!男性や子供も対策が必要!

この記事は2分で読めます

夏、部屋でエアコンをつけすぎると、

自律神経が乱れてしまいます。

 

それ故に、

冷房病(クーラー病)になってしまうことも。

 

女性がなりやすいと言われていますが、

男性や子供も注意が必要です。

スポンサードリンク

冷房病の原因は?

冷房病は自律神経が正常に保てなくなり、

体調不良になってしまうことを言うのですが

 

自律神経はどのように乱れていくのでしょうか。

 

原因としては、

・肌の露出が多すぎて体が必要以上に冷えすぎる

・体を動かさないことによる血行障害

・アイスなど冷たいものの食べ過ぎ

・急な室温の低下

・運動不足による筋肉量の減少

などが挙げられます。

 

夏はなるべく服を着たくないし、

アイスなどの冷たいものを欲するし、

体を動かさずに家でダラダラしたいっていう人もいるでしょう。

 

そういう人は比較的、

冷房病になりやすいといえますね。
 

スポンサーリンク


症状は?

冷房病になることによって引き起こされる症状は

・手足の痺れ

・めまい、だるさ

・発熱

・頭痛

などが挙げられます。

medical_samuke
手足のしびれなどが特に多いと思いますが

これは、血液がうまく流れていかないからです。

 

同じ姿勢で座っていたりすると、

足などが痺れた経験があるのではないかと思います。

 

あれも血液がうまく流れていないからです。

 

発熱も、夏風邪と勘違いしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

男性や子供も対策しよう

冷え性などもそうですが、

冷房病は女性がなりやすいと言われています。

 

それは、筋肉量が少なく

体が元々冷えやすいからです。

setsuden_airconditioner
だからと言って、

男性が無警戒で良いかというとそういうわけではありませんし、

子供は体が弱いのでさらに対策が必要です。

 

なるべく肌の露出をしないということは、

もちろんそうなのですが

 

外から部屋に帰ってきた時は注意です。

 

冷房で急激に温度を下げてしまうと、

自律神経が乱れてしまいます。

 

気持ちは分かりますが、

部屋の温度は少しずつ下げるのが

体に良いことなのです。

 

私はまだエアコンをつけていませんが、

そろそろ皆つけ始める時期でしょう。

 

冷房病に注意です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!