虫刺されの腫れで痛み痒みの対処は?しこりが消えない時は?

この記事は2分で読めます

夏場になると必ず悩まされるのが、

虫刺されです。

 

全く刺されない人もいれば、

体中刺される人もいます。

 

血液型に関係があるとか言われていますが、

刺されやすい人にとっては本当に辛いですよね。

 

今回はそんな虫さされについて

まとめてみました。

スポンサードリンク

虫に刺されたときの対処法は?

虫刺されてしまうと人によっては、

かなり大変なことになってしまいます。

 

刺されたところが腫れてしまうのはもちろん、

痒みと痛みにかなり悩まされますよね。

 

まず、虫に刺されたら

刺されたところにはなるべく触らないようにしましょう。

 

掻きむしることはもちろんNGですし、

押したり、叩いたりもやってはいけません。

 

あとは、暖めたりしてしまうと

痒みや痛みが増してしまうので注意です。

 

刺されたらまず痒み止め薬を塗って、

それ以外はなるべく触らないこと!

 

これが大切です。
 

スポンサーリンク


しこりが消えないときは?

虫に刺されるとしこりが出来ることがあります。

 

しかもこのしこりが消えない場合もあるので、

なんと厄介なこと・・・

 

しこりが消えない場合の対処法としては、

病院に行くことが必要です。

free-illustration-medical-hospital

そこでお医者さんの意見を聞くことになりますが、

手術で切除した方がいい場合もあるので、

お医者さんとよく相談しましょう。

 

虫に刺されないために

ここまでは、刺された後のことについて

色々と述べてきましたが

 

そもそも、刺されなければ良いのです!

(とは言っても刺されてしまうものですが)

 

ということで、刺されないための工夫を

挙げていきたいと思います。

 

・肌の露出を控える

当たり前ですが、肌を露出すればするほど、

刺される可能性は高くなります。

 

虫に刺されたくない人は長袖を着るなど、

肌の露出を控えましょう。

 

・虫除けスプレーをする

これも基本中の基本ですね。

 

私もそうなんですが、

虫除けスプレーの臭いが苦手な方もいると思います。

 

私は、肌に優しい天然成分と

アロマの香りがするヤツを使っています。
まぁかなりの人気商品です。

 

・汗をしっかり拭く

特に蚊などは汗の臭いが大好きです。

sick_takansyou
なので、こまめにシャワーを浴びたり、

汗をタオルでしっかり拭くなどして

汗の対策をすることがかなり重要です。

 

今年の夏も虫さされには要注意ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!