夏風邪や夏の病気は大人も注意!子供の目やに症状や対策予防まとめ

この記事は2分で読めます

もうすぐ、夏を迎えます。

 

そこで、増えてくるのは夏風邪です。

 

「夏風邪は長引く!」と言われますが、

夏風邪には色々な種類があるのです。

 

そこで今回は、子供だけでなく大人も注意が必要な

夏風邪についてまとめてみました。

スポンサードリンク

目やにも出るプール熱

まずは、目やに症状などが出るプール熱です。

 

夏風邪の中でもかなりメジャーなもので、

子供はかかりやすい病気です。

 

プール熱は別名、咽頭結膜熱とも呼ばれ、

アデノウイルスが引き起こす病気でもあります。

virus_character
プール熱について詳しくは、

こちらをご覧下さい。

 

スポンサーリンク


手足口病とヘルパンギーナ!

夏風邪の中でも、

発疹が出来るタイプが手足口病とヘルパンギーナです。

 

手足口病は名前の通り、

手と足と口に発疹が出来ます。

 

その他、熱などの症状も出ますし、

大人が発症すると治りにくいと言われています。

 

手足口病については詳しくは、

こちらをご覧下さい

 

一方、ヘルパンギーナの特徴は

口や口内に水疱が出来ることです。

 

手足口病よりも、高熱が出るために

苦しむ人も多いです。

 

ヘルパンギーナについて詳しくは、

こちらをご覧下さい。
 

他、夏に気をつけたい病気は?

夏風邪以外にもその他、

気をつけたい病気などを挙げていきます。

 

まずは、皮膚の病気である「とびひ」です。

 

火が燃え移るように、

簡単に伝染するのが特徴で

夏場に多く見られる病気です。

 

「とびひ」について詳しくは、

こちらをご覧下さい。

 

関連して、皮膚に関して気をつけたいのは

金属アレルギーです。

 

夏場になると汗を沢山かくために

金属アレルギーの人にとってはかなり辛い季節になります。

wedding_ring
金属アレルギーに関して詳しくは、

こちらをご覧下さい。

 

あとは、汗に関しては

汗疹も気になるシーズンです。

 

子供が首などを赤くして

ポリポリかいているのがちょっと可哀想ですよね。

 

汗疹について詳しくは、

こちらをご覧下さい。

 

夏は楽しいシーズンでもありますが、

暑いシーズンであるが故に、

体調を崩しやすくもあります。

 

体調管理に関しては、

十分気をつけましょうね!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!