子供が肌荒れしないために花粉症対策で1番大切なこと

この記事は2分で読めます

みなさん、花粉症対策してますか!?

 

特に、パパとママ!

子どもが花粉症になったらくしゃみだけじゃなくて、

肌も荒れやすいから注意してください!

 

そこで今回は、私の体験談を踏まえて、

「花粉症対策で1番大切なこと」について

記事を書いていきます。

 

必見ですよ!

スポンサードリンク

私の原因。

まず、私が花粉症になったのは、

間違いなく「花粉を吸い過ぎたから」です。

 

これは私が高校1年のときでした。

私は野球部に入り、

せっせと練習に取り組んでいたのですが、

 

人数がとても多い強豪高校だったので、

1年生はグランドとは別の広場で、

練習をしていたんですね。

 

そしてそこには大量のお花たち。

春なので風邪も強いです。

 

つまり、めちゃめちゃ花粉が舞う環境で、

野球の練習をしていたというわけです。

 

最初は大丈夫でした、

(花粉症の友達は大変そうでした。)

が、しかし・・・次第に私も

くしゃみがとまらなくなるように。

 

これはもう、「花粉症だ」と

認めざるを得ませんでした・・・

 

だからこそ私が声を大にして言いたいのは、

「花粉症の原因は花粉の吸い過ぎだ」

ということです。

 

世の中では、

食生活だ〜ストレスだ〜等と言われていますが、

それも一理あるでしょう。

 

医学的な観点からしても、

体の調子が悪いと免疫を保てずに、

病気になりやすくなるのは当然です。

 

しかーーーし!!

 

まず言いたいのは、

「何よりもの原因は花粉の吸い過ぎだ!」

ということなのです。

(しつこいけど)

 

つまり、

仮に花粉症じゃない人がいたとしても、

何らかで体の身動きが取れないようにして、

スギ林の中に放り込めば、

誰でも花粉症になると私は言いたいのです。

 

だからこそ!

 

花粉症にならないために必要なのは、

「なるべく花粉を吸わないことだ!」

ということなのです。
 

スポンサーリンク


 
 

子どもが肌荒れしないために・・・

冒頭でも言ったように、

花粉症は子どもの肌をも荒してしまう、

凶悪なものであります。

 

そして一番大切なのは、

「なるべく花粉を吸わないこと」です。

 

じゃあどうすればいいのか?

 

まずは、なるべく外にでない。

のが、理想ですがそれは難しい。

 

なのでやっぱりマスクを絶対する。

ゴーグルもできるだけするのが理想でしょう。

 

理想のマスクはキメが細かいヤツです。

こんなのですね。

 

そして、ゴーグルは

なるべくメガネっぽいやつが、

自然な感じで良いと思います。
こんなやつです。

 

花粉の季節になると、

ワイドショーの天気コーナーとかで、

「花粉指数」みたいなのが見れます!

(ヤフー天気でも見れますけど)

 

それを欠かさずチェックして、

花粉がヤバいときは外に出ないことを

お勧めします!!!

 

ではでは今回はこの辺で。

 

関連して、

花粉症に皮膚と喉のかゆみに薬よりも効く○○とは?

も要チェックですぜアニキ!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!