とびひが大人にもうつる原因は?子供より治療が難しいの?

この記事は2分で読めます


夏場に増える病気の「とびひ」

 

一気に症状が広がる病気として有名ですので、

早めの治療を心がけたいですね。

 

そこで今回は、

とびひについてまとめてみました。

スポンサードリンク

とびひの症状は?

まず、簡単にとびひについて説明します。

 

とびひは、皮膚の病気で症状は

・大きな水ぶくれが沢山出来るタイプ

・皮膚が硬くならずに膿みが出来るタイプ

の主に2種類あります。

 

原因はブドウ球菌や連鎖球菌によると言われており、

アトピー性皮膚炎と併発した場合は症状は酷くなります。

 

よって、アトピーの人にとっては、

より「とびひ」には注意しなければなりません。

 

主に赤ちゃんや小さい子供によく見られる病気で、

特徴的なのは、なんといっても伝染(うつる)することです。

hair_bouzu
症状の広がりも早いですが、

接触によって簡単に伝染するので、

とてもデリケートな病気と言えるかもしれませんね。

 

ですから、「とびひ」になった場合は、

学校など人が居るところには行かず、

早急に病院に行ってください。

 

直接接触などで感染してしまうので、

病院に行くまでは、簡単にガーゼなどで覆うのが良いと思います。
 

スポンサーリンク


大人にもうつる?

「とびひ」は子供に多いと述べましたが、

大人にも感染しないわけではありません。

 

近年は、大人に伝染するケースも多く見られるのです。

 

先ほども述べたように、

皮膚と皮膚で直接感染してしまうので、

子供がとびひになった場合には注意が必要です。

 

直接、皮膚に触るのではなく、

手袋などをして触れば感染する可能性はありません。

 

とびひの入り口は子供からの感染だけではなく、

外部(例えば虫さされ)などでも発症する可能性があるので、

いつ「とびひ」になってもおかしくはないのですが・・・

 

「とびひは子供だけの病気」と認識していると

自分に皮膚炎が出来た時に、

 

「とびひ」だと気づかず間違った対処をしてしまい、

あっという間に身体中に感染するなんてこともあります。

 

「とびひ」は大人でも発症(感染)するという、

認識をまず持つことが大切です!


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!