光化学スモッグが影響で子供の喘息を引き起こす?日本の対策は?

この記事は2分で読めます

夏場になると光化学スモッグの影響が増していきます。

 

PM2.5やPM0.5なども最近話題になりましたが、

光化学スモッグも注意が必要です。

 

今回はそんな光化学スモッグの影響などについて

簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

光化学スモッグとは?

光化学スモッグというのは、

健康に影響を及ぼす大気汚染の一つです。

 

日射が強く、気温が高く、風邪が弱い時に

発生しやすいため夏に多く見られます。

taiyou_sunglass
1970年代がピークで

それ以降はあまり聞かなかったのですが、

 

近年はヒートアイランド現象もあるのですが

 

そして、光化学スモッグは

オゾンやアルデヒドなどの化学物質が原因のため

中国からの大気汚染物質の流入により増えています。
 

スポンサーリンク


 
 

子供の喘息を引き起こす?

光化学スモッグで気になるのは、

「人体への影響はどうなの?」という所ですよね。

 

具体的な影響は、

目が痛みチカチカする、涙が出るなど目への影響。

息苦しく感じたり、喉が痛み、咳が出る。

その他、頭痛や吐き気などの急性の症状などがあります。

 

特に注意したいのは子供への影響。

 

子供がもし何らかの障害、

例えば喘息や気管支炎などを持っている場合は、

それを引き起こしてしまうこともあります。

 

これは対策しなければなりませんね。

 

個人の対策と日本の対策について

PM2.5同様、光化学スモッグも普通のマスクでは対策できません。

 

なので、対策は光化学スモッグ用のマスクでしましょう。

 

こういうマスクの場合、

かなり不格好な物が多いですが・・・

このマスクなどは良いと思います。
子供のためにも、しっかりと対策していきたいですね。

 

日本では国をあげて

排出量の制限を設けたりなどの対策をしています。

 

その他、気象庁HPなどでは光化学スモッグ量を見れますし、

光化学スモッグ警報なども発令されるようになっています。

 

しかし、やはり大切なのは国に頼るのではなく、

個で対策していくことでしょう。

 

夏場の光化学スモッグに注意です!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!