大動脈解離の麻痺症状や原因について!生存率と予後はどれくらい?

この記事は2分で読めます

突然見に降り掛かる病気、大動脈解離。

 

命を落とすこともあり、

かなり危険な病気と言えるでしょう。

 

有名人でも石原裕次郎さんや、加藤茶さん・・・

先日は原監督の父である、原貢さん。

 

今回は、そんな大動脈解離について

簡単にまとめました。

スポンサードリンク

大動脈解離とは?

まず、大動脈解離というのは簡単に言うと

どのような病気なのでしょうか?

 

ここを説明します。

 

大動脈解離というのは簡単に言うと、

大動脈内に亀裂が入ってしまい分離してしまう状態です。

 

切り傷などをイメージしていただければ分かりやすいですが、

傷がついた時、皮膚と皮膚が離れますよね?

 

簡単にいうとその状態が、

大動脈の中で起きている状態という感じです。
主な原因は高血圧やストレスなどです。

 

これによって血液がうまく循環しなくなることがあり、

かなり大変な病気と言えます。

 

 

スポンサーリンク


症状は?

大動脈解離の場合、症状はいきなり現れます。

 

いきなりナイフで刺されたような

鋭く激しい痛みを胸や背中に感じます。

 

これは解離が始まった証拠でもあり、

すでに命は危険にさらされているようなものです。

 

あとは麻痺症状を起こします。

 

なぜ、麻痺症状を起こすのかというと、

大動脈解離によって血流障害が起き、

脳にうまく血液が循環しなくなります。

 

脳の血流が低下すると、体は動かなくなります。

 

大動脈解離が相当な大病であることは、

理解出来たのではないでしょうか?
 

生存確率や予後について

大動脈解離はかなり致死率が高い病気です。

 

大動脈解離を発症した患者さんは

発症直後に3%、6時間以内に8%、24時間以内に25%

2,3日後には50%以上で命を落とすというデータがあります。

job_doctor
胸の痛みを感じた後、

症状がおさまることもあるので安心してしまいがちですが、

それは大きな間違いです。

 

その間にも大動脈解離はどんどん進行していき、

気づいた時には遅かったなんてこともあるのです。

 

とは言っても、大動脈解離は治らない病気ではありません。

現に、加藤茶さんが大手術によって回復しています。

 

一番大切なのは、早く気づくこと、

そしてすぐに病院に行くことです。

 

皆さんも注意してくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!