サードマン現象と脳の関係!wikiにもないけど体験した人は?

この記事は2分で読めます

脳の超常現象として知られる「サードマン現象」

 

wikipediaにも載っていないほど、

未知な部分が多い現象です。

 

たまにTVで特集されたりするので、

気になったので色々と調べてまとめました。

スポンサードリンク

サードマン現象とは?

まず、サードマン現象を簡単に説明していきたいと思います。

 

サードマン現象というのは、

事件や事故に巻き込まれて

生死をさまようような状態になった時などに

「救世主」が現れ助かるという現象です。

 

この「救世主」は、何者か分かりません。

 

本当に目に見えるときもあれば、

気配だけを感じるときもあるし、

声だけ聞こえる場合もあるそうです。

 

しかし、実際に存在している人が現れているわけではなく、

自分自身が創りだしたものだと言われています。

 

そこには脳(特に右脳)と

深い関係があると言われているのです。

スポンサーリンク


脳とサードマン現象

動物が本能的に持つ能力、生命維持。

 

サードマン現象は

この動物的な本能と深い関係があるようです。

 

生死を争う事態のとき、

この本能が潜在的(見えない部分)に引き出されます。

 

潜在意識と右脳には密接な関係があるというのは、

聞いたことがあるのではないでしょうか?

body_nou
左利きの人にアーティスティックな才能を持った人が

多いと言われたりしますよね。

(体の左半身と右脳は密接な関係にあります。)

 

もっと詳しく言うと、

脳の側頭頭頂接合部という部分が

幻聴や幻覚を創りだすと言われています。

 

これが、

「救世主」は脳によって作られると言われる所以でしょう。

 

体験談

有名人の中にもサードマン現象を体験したことがある人います。

 

手塚治虫さんも工場で働いていた時に空襲に襲われて

命が危険にされされました。

 

その時に「バイス台の下!」という声が聞こえ、

そこに隠れたために助かったというのです。

 

その他にも色々とエピソードをまとめた本もあります。
とても興味深いサードマン現象ですが、

まだまだ研究は未発達といったところでしょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!