子供(赤ちゃん)の熱中症対策!吐き気や寒気を訴えたらどうする?

この記事は2分で読めます

もうすぐ夏がやってきます!

 

日に日に暖かくなってきて、

少し汗ばむような日も増えてきました。

夏に増える病気といえば、 熱中症。

 

近年、熱中症を軽く考えている 人が多くなっているそうです。

 

特に子供や赤ちゃんへの熱中症対策は

しっかりしておきたいところです。

 

さらに熱中症の症状をバカにしてはいけません!

子供が急に

「吐きそう」「寒い…」

と訴えてくることがあります。

そこで、今回は対策から処置方法まで

熱中症についてまとめました。  

スポンサードリンク

 子供の熱中症とは?


まず、前提知識として

知っておいてほしいのは、

子供は大人より熱中症になりやすい

ということです。

 

赤ちゃんともなれば、

自己管理能力がほぼありませんし、  

そもそも体質的に

子供の体は大人の体より水分量が多く

脱水症状に陥るのが早く

なります。

 

こういうことから 大人はより一層、

子供の熱中症に 注意しなければなりません。

車の中に 子供や赤ちゃんを放置していて、

熱中症で苦しめる・・・  

なんて悲しいニュースが

今年もあるかもしれませんが、  

この記事を読んでいる

アナタにはそのようなことが無いよう 願っています。
 

スポンサーリンク


熱中症の主な対策は??


ここからは、 主な対策方法を

挙げていきたいと思います。

 

熱中症は基本的に対策さえ

ちゃんとしてれば必ず防ぐことができます、

処置方法よりもこちらを優先して

覚えておきましょう。

 

・紫外線を避ける

子供、特に赤ちゃんなどは 紫外線に弱く、

肌を酷く痛めてしまう 可能性があります。

 
 

紫外線対策で帽子などを着用したり、

日焼け止めクリームを塗ったり、

あとはあまり長時間外に

さらさないようにしましょう。

 

・水分補給をしっかりする

 

水分補給をしっかりするのは、

よく言われていることですね。

先ほども述べたように、

子供はより多くの水分が必要です。  

特に電解質をとることが 大切ですので、

お水に塩を入れて 飲むのが良いと思います。

しかし、

子供にとっては

口当たりが良くないかもしれないので、

スポーツドリンクなどでも 大丈夫でしょう。

 
 

一番良いのはこれだと思います。

ポカリスエットやアクエリアスも有名ですが、

こちらもスポーツ選手等に人気だそうです。

子供が吐き気や寒気を訴えたらどうする?

対策はこれくらいにしておき、

処置についてです。

 

軽い熱中症はだるさが

症状としては出てくるものです。

 

しかし、

怖い症状はたくさんあり、

筋肉のけいれんや 吐き気や寒気などを

引き起こします。

 

基本的には、 軽い症状ならば  

日陰やクーラーの効いたところなどの

涼しい場所に運び 水分を補給させましょう。

足を高くし 脳への血流を保ったり、  

脇の下、首、股など動脈のある部分を

冷やすのも効果的です。

 

特に子供や赤ちゃんなどは 耐性が弱いので、

症状が酷い時には 救急車を呼びましょう。

熱中症になってしまう前に、

対策をしっかりするという

意識を持ちましょうね。

 

もう1つ夏に注意したいのは、

ペットボトル症候群です!

子供は特に注意が必要なので、

しっかり対策をしてください!

ペットボトル症候群に注意!!!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!