銀杏中毒はどれくらいの量(個数)でなるの?治療や症状は?

この記事は2分で読めます

秋の味覚のひとつである銀杏(ぎんなん)。

 

イチョウ並木があるところだと、

「ぷ〜ん」とにおってきますよね。

 

あのニオイが好きか嫌いかは置いといて、

銀杏が好きな人は多いのでは

ないでしょうか?

 

そこで今回は、

銀杏について気になる事を調べてみました。

スポンサードリンク

銀杏中毒とは?

銀杏について気になる事と言えば、

やはり銀杏中毒ですね。

 

「えっ銀杏中毒!?なにそれ!」

 

と言う方の為に、

少し説明します。

 

銀杏中毒というのは、

別に銀杏が食べたくて食べたくて

時にフラッシュバックが!!!

なんてことではありません。

 

銀杏を食べ過ぎることによって、

まれに食中毒を起こす事を、

銀杏中毒というのです。

 

おいしいからといって、

あんまりバクバク食べると

ダメってことですね・・・
 

スポンサーリンク


どのぐらいの量で?

銀杏を食べ過ぎると、

食中毒になるのが銀杏中毒。

 

では、一体どのくらいの量(個数)で

その食中毒は現れるのでしょうか??

 

これは、もちろん人によるのですが、

少ない個数でなる人は5~6個だそうです。

 

大体の人は、

10個〜で中毒の恐れがあります。

 

子供の場合は身体が小さいので、

特に注意は必要です。

 

銀杏が好きな方は多いでしょうが、

あまり食べ過ぎは

良くないと言う事ですね・・・

 

まぁ、銀杏に限ったことでは

ないでしょうけどね笑

 

詳しい症状や治療は?

実は銀杏中毒は、

死亡例も見られています。

 

詳しい症状としては、

体のふらつきや痙攣、嘔吐を繰り返し

意識障害を起こす事が確認されています。

medical_samuke
食べてから数時間後に

起きる事が通常のようです。

 

治療法としては、

ビタミンB6剤の投与が

特効薬とされています。

 

症状が現れたら、

すぐに医療機関にいくようにしましょう。

 

基本的に入院という処理になるそうですが、

それは痙攣がおさまったとしても

再び症状が現れる事があるからです。

 

銀杏の食べ過ぎには、

注意したいですね!!

 

食中毒と秋の食べ物に関連して、

サンマのはらわたに注目です!!

 

あれ、食べる派ですか??

 

食べる派の人は、

気を付けないと食中毒になります!!

サンマのはらわたで食中毒!?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!