ぶどうの皮に栄養はあるの?食べられるものでも腹痛が?

この記事は2分で読めます

秋のフルーツといえば、

ブドウを思い浮かべます。

 

最近は種無しぶどうや

皮をそのまま食べるブドウが

出回っています。

 

そこで気になるのは、

「皮って栄養あるの?」

「腹痛とか大丈夫?」

ってことです。

 

今回はそこら辺を調べて、

まとめてみました。

スポンサードリンク

ぶどうの皮って食べていいの?

まずは根本的なことですが、

ぶとうの皮って食べて良いんでしょうか?

 

農薬が心配だ・・・

 

そんな声も聞こえてきそうですが、

基本的には食べて大丈夫だといわれています。

 

そもそも、

ブドウの皮を律儀に剥くのは

日本人ぐらいだといわれる事もあります(笑)

 

しかしながら、

あまり食べ過ぎると

お腹を壊して腹痛を起こす可能性があるので

注意が必要です!
 

スポンサーリンク


腹痛の可能性も?

腹痛を起こす可能性が高いのは、

巨峰等の皮が硬いタイプのものです。

岡村葡萄(ぶどう)園の巨峰2kg(4-5房) 当日の朝もぎたてだから鮮度が違う! 咳き込むほどの甘さが口いっぱいに!

基本的には大丈夫なのですが、

あまり胃腸が強くない方は

無理しない方がいいでしょうね。

 

そんなブドウの皮ですが・・・

 

ちょっと気になるのは

「栄養ってあるのかな?」

ということですね。

 

栄養は?

ブドウの皮には、

なかなかの栄養が含まれているそうです。

 

その中でも注目すべきなのは、

ポリフェノールですね。

 

ポリフェノールは様々な、

健康的な効果があるとされています。

 

主な効果は、

 

・動脈硬化の防止

・がんや糖尿病の予防

・ホルモン促進

・抗酸化によるアンチエイジング

 

などです。

 

赤ワインなどにはよく

「ポリフェノールが多く含まれている」

なんていわれますが、

 

生のブドウの方が、

新鮮でポリフェノールが含まれているのは

言うまでもありません。

 

一説では、

赤ワインにはそんな効果ないよ

っていう説もありますしね。

 

なので、

基本的にブドウの皮を食べるという方は

割と身体に良いことをしているとも

言えるかもしれませんね。

 

とはいえ何でも、

食べ過ぎは禁物!

 

気を付けて下さいね!!

 

食中毒に関連して、

この季節の食べ物である銀杏に

注意して下さい!!

 

銀杏を食べ過ぎると、

中毒になって最悪命を落とす事もあります!

やばい!銀杏中毒!!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!