日本脳炎の予防接種後に発熱!病院に受診しにいくべき?

この記事は1分で読めます


日本脳炎でいえば、

気になるのは予防接種ですよね。

 

最近は義務ではなくなりましたが、

接種している人は多い筈。

 

そこで気になるのは、

副作用でしょう。

 

そこで今回は、

日本脳炎の予防接種後について

気になる事をまとめました。

スポンサードリンク

予防接種後に発熱!

日本脳炎のワクチンを接種後に、

発熱を起こす事例が報告されています。

 

まず抑えておいてほしいのが、

副作用になる率がとても高いということ。

 

約3割〜4割の方が、

副作用を患うとされています。

 

そういうのもあって、

義務化はとかれたのでしょうね。

 

その副作用の中でも、

約半数に発熱が見られています。

(その他は痙攣など)

 

特に当日の夜などは、

39℃を超える熱が出る場合があり、

かなり心配です。

 

しかも日本脳炎の予防接種は2回ありますが、

1回目だけではなく、

2回目も副作用を起こす可能性があるので、

油断はできません。

 

大体1日〜2日で治るのですが、

1週間後に発熱が見られたりするケースもあるので

ひどい時は病院へ行きましょう。
 

スポンサーリンク


病院に受診

副作用がひどい場合は、

病院へ行きましょう。

tatemono_hospital
基本的には医者に相談するのがよいですが、

1回目受けて副作用があまりにもひどい場合などは、

2回目を受けないという選択肢もあります・・・

 

ここは要相談ですね。

 

医者と意見が合わないときは、

他の病院に行く事をオススメします。

 

よい医者というのは、

定義は曖昧ですが、

自分がしゃべりやすい人が

一番よいですからね・・・

 

その他、

追加ワクチンなどのことについては

こちらをご覧ください

⇒日本脳炎の追加ワクチンを忘れた場合など


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!