食中毒の症状が頭痛や熱のみだけのことってあるの?

この記事は2分で読めます


年中、

患者が絶える事が無い病気の食中毒。

 

人生、生きているうちに

誰しもが一度はかかる病気でしょう。

 

そこで今回はそんな食中毒の

ちょっと気になるあんなことや

こんなことについて

色々とまとめてみました。

スポンサードリンク

食中毒は頭痛も?

食中毒の症状といえば、

嘔吐や下痢を思い浮かべる人が

ほとんどでしょう。

 

しかし、

頭痛が伴う場合もあります。

 

これは何故なのでしょうか?

 

そのメカニズムについて、

迫っていきたいと思います。

 

「食中毒」と一口に言っても、

それを引き起こすウイルスは

沢山あります。

 

例えば有名な

「ノロウイルス」などですね。

virus_character
その中で頭痛を引き起こすウイルスは、

ノロウイルス、カンピロバクター

リステリア菌、ブドウ球菌

などです。

 

ノロウイルスは主に、

生牡蠣などが有名ですね。

 

カンピロパウダーは水でしょうか?

海外に行ったとき、

日本人はやられますね(笑)

 

リステリアは牛乳とかです。

 

ブドウ糖菌は、

手をしっかり洗わないと

やられちゃいます。

 

以上のことに気をつけて、

頭痛を伴う食中毒を予防していきましょう。
 

スポンサーリンク


熱のみってあるの?

食中毒になると、

大体の場合、

色々な症状に伴って熱が出ます。

 

そこで気になるのは、

熱だけが症状に現れることってあるの?

ということです。

 

「さっき◯◯を食べてから

熱が出てきた・・・

でもお腹は全然痛くない!!

これって食中毒?」

ってパターンのことですね。

 

・・・

 

それはおそらくですが、

食中毒ではありません。

 

やっぱり食中毒っていうのは、

とんでもないくらい腹痛が襲います。

 

ノロウイルスなんて、

特に半端ないですからね。

 

なので、熱だけが出て

「これって食中毒?」

って場合は風邪だと思ってください。

 

風邪薬を飲んで、

水分をしっかり補給して

グッスリ寝る事が一番です!

 

私はこの間、

枇杷を食べて食中毒になりました。

 

結構辛かったです。

 

皆さんも食中毒には

くれぐれも気を付けてくださいね!

 

食べ物が危険ということに関連して、

あの普段食べてるものに、

発がん性物質が含まれていることが

確認されました。

 

私は知らずに、

昨日も食べてしまいました(笑)

あの食べ物に発がん性物質!?


この記事が為になった方は

「シェア」お願いします!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!