頸椎棘突起骨折の症状と全治は?後藤浩輝の後遺症は大丈夫か?

この記事は2分で読めます

先日、東京競馬場の10レースで落馬事故がありました。

 

リラコサージュ号(岩田康誠騎手)がジャングルハヤテ号(後藤浩輝騎手)の

進路を妨げたことが原因とされています。

 

落馬事故で後藤浩輝騎手は大けがを患ってしまい、

頸椎棘突起骨折という診断結果が出ました。

 

今回はその頸椎棘突起骨折について

気になったのでまとめました。

スポンサードリンク

頸椎棘突起骨折の症状とは?

そもそも頸椎というものは何なのか、

そこから説明していきたいと思います。

 

頸椎というのはいわゆる首の部分の骨で、

別の言い方をすると、

頭を支えている部分の骨ということになります。

 

上から順番に第一頸椎、第二・・・と

第七頸椎まで名前がついています。

 

今回、後藤浩輝騎手は

第五、第六頸椎棘突起骨折という診断を受けました。

 

そして棘突起というのは、

頸椎などの骨を支えている中心部分の突起のこと。

 

ここが骨折してしまったというわけです。

hone_kossetsu
棘突起を骨折した場合は

だるさや痛みを感じ、軋轢音を聞くことがあります。

 

首付近の怪我なので、後遺症として

脊髄損傷を招く可能性がある非常に危険です。

 

スポーツ選手では選手生命どころか、

今後の日常生活に影響を及ぼしかねないケガなのです。

スポンサーリンク


全治はどのくらい?

頸椎棘突起骨折の全治はどのくらいなのでしょう?

 

後藤浩輝騎手の場合は、以前にも落馬でケガ患っており、

その時はなんだかんだで完治するのに1年ぐらいかかりました。

 

今回、報道などでは全治は不明ということですが、

棘突起骨折のみであれば

コルセットなどで固定し、安静にしていれば

大抵の場合1ヶ月〜2ヶ月で完治するようです。

 

しかし、脊髄に影響を及ぼしている場合は、

日常生活にも影響が出るほどの大怪我ということになります。

 

後藤騎手の状態ついては、

今後の報道を待ちましょう。

 

年齢も40歳ということで、

騎手人生に大きな影響を及ぼしそうな今回の落馬ですが、

脊髄損傷などの後遺症が無いことを祈っていますし、

また元気な姿をファンに見せて欲しいですね。
 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

管理人情報


名前:Y(ワイ)
年間300冊の本を読む知識オタク。
好きなジャンルは健康や心理学。
日本料理屋で働く経験を持つが、現在は自営業。

サイトを訪問された皆様に、
「なるほど!」
「面白かった!」
「ちょっと賢くなった!」
など、楽しんでもらえるような情報を
発信していきます!